中学受験にあたり家庭教師と塾のどちらを選択するかは重要

より良い学習環境を望むには中学受験が必要と考え、子どもと二人三脚で対策を取ってきたところです。中学受験に向けた対策としては、家庭教師と塾が代表的ですが、私たちは双方を利用した結果、それぞれのメリットとデメリットを痛感しました。まず家庭教師ですが、子どもと一対一で向き合ってくれるため、わからない点の解決には非常に有効でした。基礎学力に若干の不安があったため家庭教師のおかげで底上げができたと感じています。
しかし、その一方で一対一であるためか子どもの集中力が途絶えがちであるようにも感じます。この点はデメリットというしかありません。
次に塾の場合ですが、周りも中学受験を目指す子ども達ばかりですので、やはり子ども心にも競争心が湧くようです。かなりの集中力を保ちながら学習に望んでいる姿が印象的でした。また、中学受験に関するノウハウも豊富であり、この点もメリットに感じたところです。
さて、双方を活用したことから言えるのは、とにかく子どもに合った対策を取ることが重要だと言うことです。家庭教師でも塾でも、必ずメリットもあればデメリットも存在します。どちらが良いという点で判断するのではなく、どちらがご自身のお子さんに合っているかが重要と言えます。